2021年11月12日(金):全国幼児教育ESDフォーラム2021が終了いたしました。会場は、ホテルアソシア静岡とオンライン(ハイブリッド開催)、全国から260名(対面75名を含む)の教育関係、社会教育施設、一般企業、学生、NPO、一般の方がご参加くださいました。

今年度も「ともにつくる学びの場」をコンセプトに、ESD・国際化ふじのくにコンソーシアムのステークホルダーを中心に参加者のみなさまとともにつくりあげたフォーラムだったと思います。ありがとうございました。

>昨年度に引き続き。バーチャルフォーラムを開催
バーチャルフォーラム(11月1日(月)〜)をご視聴、事前配布資料をお読みいただいた上で、フォーラムにご参加いただきました。

>オープニングは、SBS牧野克彦アナウンサーのナレーション付きSDGsデジタル絵本からスタートしました。

第1部では、「SDGsデジタル絵本」を中心に、SDGsを推進する先生方を結びつけるツールの開発について
第2部は、屋敷和久氏(宮崎県ソダツバヒカリ ひかりの森こども園園長)より、こども園を中心に地域全体が一緒に育つ場所「ソダツバ」を創り上げている実践を紹介しながら、幼児教育の原理・理念からESDへの提言

会場との対話を通し、「楽しさ」、「仲間」、「活動」、「場」という4つのキーワードが抽出されました。

>フォローアップについて
オンラインの方の負担軽減から短時間での開催だったため、ご意見やご質問等を十分にフォローすることができませんでした。ゲリラ的にフォローアップ研修会を開催いたします。ご要望の方は終了後のアンケートにご記入いただけると幸いです。

前日には、ユネスコスクール情報交換会をいたしました。なお、「全国幼児教育ESDフォーラム2021」の詳細は、後日、当Webサイトにて報告書を掲載いたします。